SPS大阪第21回公演「ひまわり」

大阪スタパ20周年を控え、今年で19年目です!
21作目である本作は2018年岡山にて上演させていただいた「ひまわり」の関連作品となります。
主人公である「つぐはる 」は様々な時代に存在し、悲しい想いを胸に抱いた人びとの心を「思い出の品」でつなぎ、時を超えて彼らを癒します。
令和元年のこの年、時を超えるというこの「つぐはる」の存在を東京公演に再登場させることで、過ぎ去った「大正」「昭和」「平成」に生きた人びとの姿を振り返るきっかけになればと思い、この度、上演をさせていただきます。 
 

物語

 それは大阪、大川の近くにあるお店、「ひまわり」という名で知られている、不思議なお店。
店主の「つぐはる 」に「悲しい思い出の品」を持っていくと、その「悲しい思い出」がなかったことになるっていう、嘘のような本当のお話。
 さぁ、果たして今日はどんなお客がここに来るのでしょうね?
 
ちなみに、大阪、昭和時代はどんな町だったんでしょう?
平成は?どんな事が起こっていたんでしょうか?
 


 
公演の詳細情報

公演日程

7月27日(土) 12:00/14:30/17:00
7月28日(土) 12:00/14:30/17:00
チケット発売開始日 2019年5月11日より
音楽ライブは開場15分後にスタートいたします。 
 

公演会場

善茶房

料金

チケット 2500円(ワンドリンク付き)
 
予約メールアドレス:reserve@sps.vc
※当日精算にてご予約のお客様は開演15分前までに受付にて発券をお済ませください。その時間を過ぎますと、当日券でお待ちのお客様を優先的に案内させていただきます。
 

出演

ゆうき・せん・じょーい・だいすけ・きん・おぉ

ミュージシャン

西田おおすけ

大正・昭和・・令和、その想いは届くのか?

時代を超えた心のリレー・・

登場人物の紹介をこちらでのんびり行ないます!